ライフヒストリー良知

ライフヒストリーブログ

ライフレビュー

介護施設で、私は「回想法」を実施する機会が増えてきました。「回想法」は介護の世界ではもう知らない人はいないほど介護予防や認知症予防、また認知症患者の症状緩和手法のひとつとして定着してきました。

ところで、「回想法」と同じような意味で「ライフレビュー」という言葉があります。文字通り「人生を振り返る」という意味なのですが、こちらはあまりなじみがありませんね。厳密には多少目的や進め方が違いますが、まあ、そんなに区別する必要はないと思います。ただ、私が勧める『ライフヒストリー良知』事業では、どちらか言うとこの「ライフレビュー」の理念に近いでしょうね。

高齢者が過去を振り返ることの大切さを強調し、「老年学」に貢献した人物として有名なのがロバート・バトラー博士です。バトラーさんは人生を回想する“プロセス”こそが、死が近くづくにつれて自然発生的に重要なんだと言います。

発達心理学者にエリク・エリクソンという偉い人がいますが、有名なのは人間の発達のプロセスを8段階に分けて、課題と危機について取り上げたことです。そこでは、老年期の発達課題として「自我の統合」、危機として「絶望」をあげています。自我の統合とは? 要するに『過去を振り返り、いろんなことがあったとしても自分の人生が良かったと思える心』なんですね。それがないと『絶望』に至る。

高齢者施設でも、ショートステイは短期間でたくさんの人たちが入所するため、これまでいろんな疾病、認知症を抱えた方々を見てきました。実際には、老年期の課題としての「自我の統合」をうまくクリアできている人は決して多くありません。今日生きるのが精いっぱいで、人生を振り返る余裕も明日への希望もないように見受けられます。

それが現実ですね。

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e5%a4%95%e6%9a%ae%e3%82%8c