ライフヒストリー良知

5-3 記憶のエラー

物事を完璧に覚えている人なんていないですよね。

今から5年前、カリフォルニア大学のローレンス・パティヒスさんとそのチームが、記憶力の完璧さを調べようとして自伝的記憶の優れた学生を選び、過誤記憶実験を行った結果、人の記憶力というのは如何にいい加減かのデータを使って明らかにしました。

中・高齢者が昔を振り返るとき、記憶のあいまいさやエラーをどう捉えるか。

口述自伝を制作する場合、記録として残すためその記憶に明らかな間違いがあるのなら聴き手として訊き直します。しかし、これまでの経験から記憶を思い起こし直すということは至難の技です。

しかし、これが後日、ふと想起することがあります。その時、自伝をハードブックにして完成させていたら、それを訂正することがとても難しくなり、いろいろなリスクとなって跳ね返ってきます。

私は、そのリスクを避けるために、口述自伝ライフヒストリー良知は、常に手直しができるようにホームページのシステムを作り、いつでもどこでもパソコンやスマホ―でみなさまの歴史を見られるようにしたのです。