ライフヒストリー良知

良知の知識と智慧

聞く力-インタビュー / 語彙

アセスメント

顧客の目標設定を明確化するための履歴や生活歴などを調査票

エバルエーション

コーチングによって顧客の期待通り、成果が生み出されたか評価、検証すること

コーチング

“ライフヒストリー良知”における目標は、顧客の生き様や思考、行動様式を子孫や知人・友人、社会に対して文書にして残すこと、同時に顧客の記憶の維持や向上をはかることであり、目標達成のための「口述自伝」作成に向け必要なスキル、考え方、知識、ノウハウなどを支援する(コーチ)するプロセスのこと

承認(アクノレッジメント)

顧客の存在そのものを認める行為。コーチであるライフヒストリアンは顧客の安全基地として、顧客が積極的にチャレンジしようとすることを支えていくこと

質問の種類

「クローズド・クエスチョン」と「オープン・クエスチョン」

クローズド・クエスチョン

オープン・クエスチョン

・Yes/Noで回答可能な質問

・5W1Hの疑問詞を使った質問

目的

・事実や内容の確認をとる

・コミットメントを高める

・気持ちを引き締める

・広く情報を収集する

・具体化する

・相手に考えさせる

特徴

・回答しやすい

・スピード感がある

・Yes/Noなので、質問の中にすでに答え

が提示されている

・相手に自由な発想や意見を聞く

際に有効

・相手が自分で答えを見つめることを期

待する質問であるため、自発性を引き

出す効果がある

ラポール

2人の人の間にある相互信頼の関係。すなわち,「心が通い合っている」「どんなことでも打明けられる」「言ったことが十分に理解される」と感じられる関係。

マズローの5段階欲求

マズローの5段階欲求

人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲するというもの。第一階層の「生理的欲求」は、生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、寝たいなど)で、この欲求を充たせれば、次の階層「安全欲求」を求める。「安全欲求」には、危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたい(雨風をしのぐ家・健康など)という欲求が含まれる。「安全欲求」を充たすと「社会的欲求」(集団に属したり、仲間が欲しくなったり)を求める。この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなる。ここまでの欲求は、外的に充たされたいという思いから出てくる欲求。
そして次に「尊厳欲求(承認欲求)」(他者から認められたい、尊敬されたい)という欲求が芽生える。ここからは外的なモノではなく、内的な心を充たしたいという欲求に変わる。
最後に「自己実現欲求」(自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなど)の欲求が生まれる。

マズローは晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表した。それは「自己超 越」という段階。「目的の遂行・達成『だけ』を純粋に求める」という領域で、見返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭するという領域をいう。

ジョハリーの窓

自己には「公開された自己」(open self) と「隠された自己」(hidden self) があると共に、「自分は気がついていないものの、他人からは見られている自己」(blind self) や「誰からもまだ知られていない自己」(unknown self) もあると考えられる。これらを障子の格子のように図解し、格子をその四角の枠に固定されていないものとして、格子のみ移動しながら考えると、誰からもまだ知られていない自己が小さくなれば、それはフィードバックされているという事であるし、公開された自己が大きくなれば、それは自己開示が進んでいるととる事が出来るだろう。
コミュニケーション心理学や健康心理学などでは、よく話題になるモデルである。